つくれぽ1000 ビーフシチュー 厳選レシピ – クックパッド

download (3)

突然、コトコトと煮込んだビーフシチューが食べたくなりました。なんとなく、ルーを使わずに作りたい気分でして。さっそくクックパッドつくれぽ人気レシピを参考に「究極のビーフシチュー厳選レシピ」を作ってみましたよ。

【参考にした”ビーフシチュー”つくれぽ300以上のレシピ】

※2018年10月10日更新


つくれぽ3000
簡単!本格ビーフシチュー
つくれぽ700
とろとろ牛スネ肉のビーフシチュー
つくれぽ600
お肉とろける特選ビーフシチュー

お肉トロットロ!洋食屋のビーフシチュー
つくれぽ400
赤ワインのみ✿絶品ビーフシチュー
つくれぽ300
市販のルーでもおいしいビーフシチュー

【材料】4人分

デミグラスソース–1缶
牛肉–400g
たまねぎ –1個
じゃがいも –2個
にんじん– 1本
トマトケチャップ–大さじ4
赤ワイン–200ml
水–300ml
ローリエ–2枚
塩–少々
こしょう–適量
バター–15g
ウスターソース–大さじ4
固形チキンスープの素–1キューブ

【ビーフシチュー 作り方・レシピ】

1.たまねぎはくし形切りに、じゃがいもは皮をむいて大きめのひと口大に切り、にんじんは皮をむいて乱切りにする。
2.牛肉はひと口大に切り、塩、こしょうをふって、軽くもみ込む。
3.厚手の鍋にバターを熱し、牛肉に焼き色がつくまで強火で焼く。
4.たまねぎ、にんじんを加え、たまねぎがしんなりするまで中火で炒める。
5.赤ワイン、水、チキンスープの素、沸騰したらアクをとり、ローリエを加え、フタをして弱火で1時間30分ほど煮込む。
※圧力鍋を使用する場合は、水を200mlに減らしてください。また、アクをとった後、フタをして15分ほど加圧する。また、鍋の大きさにより水の量が少ないかもしれません。目安は、水の量は肉がつねにひたっている状態を保つです。
6.じゃがいも、デミグラスソース、トマトケチャップ、ウスターソースを加え、フタをせず弱火で20分ほど時々かき混ぜながら煮込む。
7.最後に味見をして、塩コショウで整える。
8.じゃがいもがやわらかくなったら皿に盛る。

【ビーフシチューのコツ】

牛肉をバターで焼くことでソースにコクが出て、よりおいしくなります。焦がすと堅くなるので注意してください。
★あくについてですが、鍋肌にこびりついてくるものはアクや肉の脂が混ざったものです。これも、ていねいに取り除くことが大切です。
圧力鍋では水分の蒸発量が少ないため、通常より水の量を減らしています。圧力なべの使用方法は機種により異なりますので、お使いの機種によって調整してください。
★ビーフシチューは多めに作って、後日、オムライスにかけたり、ドリアにしてもおいしいですよ!
★またもちろん、デミグラスソースの代わりに、ルーを使ってもおいしいです!その場合は、圧力をかけた後にルーを加えてください。また、トマトケチャップ、ウスターソース、チキンスープの素は、ルーを加えた後に味を調整しつつ加える程度で十分です。