つくれぽ1000 関東風すきやき 厳選レシピ – クックパッド

download (4)

今度、簡単なお祝い事があるので、さてメニューをどうしようかと考え中です。そこで、ちょっと豪華な気分に浸れるすきやきをやってみようかと思います。しょっちゅう料理するメニューではないので、いつも味がバラバラになってしまいます。そこで今回は、クックパッドつくれぽ1000以上「すき焼き」レシピから、「究極のすき焼き厳選レシピ」を作ってみましたよ。なお、「牛丼」厳選レシピは、こちらに掲載してあるので、そちらも参考にしてくださいね。

【参考にした”すき焼き”つくれぽ500以上のレシピ】

つくれぽ2000
すき焼き&割り下

つくれぽ1000
簡単美味しいすき焼き~割り下から~

つくれぽ500以上
すき焼き風 ひき肉と豆腐の煮込み
すき焼き風うどん


【材料】4人分

すき焼き用肉–400g
牛脂–適宜
白ねぎ–2-3本
白菜–1/4個
春菊–1/2
椎茸–8枚
しらたき–1袋
焼き豆腐–1丁
うどん–適宜
卵–適量
★割り下
醤油–100cc
みりん–100cc
砂糖–大さじ3
こんぶだし汁– 1/2~1カップ

【すき焼き 作り方・レシピ】

★材料を切る
1.牛肉は大きければ2~3等分に切る。焼き豆腐はは2cm幅に切ります。しいたけは軸をとり、十字の切込みを入れます。しらたきはさっと湯通しして、食べやすく切る。ネギは斜めに大きく切ります。
2.春菊などの野菜はそれぞれ食べやすく切っておきます。
★割り下
3.醤油、みりん、砂糖をあらかじめ別の容器に混ぜておく。
★焼く
4.鍋を熱し、牛脂を溶かし鍋全体になじませる。
5.ねぎを焼いて香りを出し、牛肉の両面をさっと焼き、割り下を入れます。
6.ひと煮たちしたら、鍋を弱火にして、ほかの野菜などを入れる。
※しらたきとお肉は一緒に煮ると硬くなるので、離して入れてください。
7.味がしみ込むように時々焼き豆腐の上下を返し、全体に色づくまで煮る。
8.野菜から水が出るので、様子を見ながら、だし汁を加えてください。
9.煮立ったら、熱々を溶き玉子につけてどうぞ。
10.具を食べ終わったら、ゆでうどんを入れてもおいしいです。

【すき焼きのコツ】

牛脂は和牛のものを使ってください。これにより、香りや旨みが脂から出て肉のうまみがアップします。また、十分に鍋を熱してから脂をいれてください。鉄鍋にひっつきません。
★焼くときにネギを敷くことで、ネギが焼かれて甘味がたっぷりと出ます。
牛肉の表面を一気に焼くことによって旨みを閉じ込めます。
関西風の煮方は、まず牛肉を焼いて砂糖をふり、しょうゆを加えて汁気が煮詰まったら、 だし(水とこんぶだし)で適宜に薄めながら味を調えます。