つくれぽ1000 ゴーヤチャンプル 厳選レシピ – クックパッド

1

この季節になると、突然、ゴーヤが食べたくなります。ゴーヤといえば、チャンプルー!ですが、家族はゴーヤの苦味が大嫌い。メインのおかずにするには、不評です。そこで、今回は、苦くないゴーヤチャンプルーを作ってみます!もちろんクックパッドつくれぽ1000以上の「ゴーヤ、ゴーヤチャンプル」レシピから、「究極のゴーヤチャンプル厳選レシピ」を作りましたよ。苦味もかなり抑えられて、家族も「これならOK!」と完食してくれました。

【参考にした”ゴーヤ、ゴーヤチャンプル”つくれぽ1000レシピ】

※2018年7月10日更新

★ゴーヤチャンプル
つくれぽ10000!
旨い!ゴーヤチャンプル
つくれぽ1000
子供もOK!苦くないゴーヤチャンプル


★ゴーヤレシピ 
つくれぽ2000
【農家のレシピ】ゴーヤの佃煮
つくれぽ1000
冷やして食べて~♪ゴーヤーのおひたし
ゴーヤ嫌いが好きになった♪夏の常備菜★
揚げないゴーヤの唐揚げ☺つまみに最高☺
ゴーヤとツナの苦くないサラダ♫

【材料】4人分

ゴーヤ–1本 20~30cm
豚肉–150g
木綿豆腐–1丁
卵–2個
かつおぶし–1袋
片栗粉–大1
★酒–大1
★醤油–大1と1/2
★和風だし–小1
ごま油–大1
塩、こしょう、砂糖–適量

【ゴーヤチャンプル 作り方・レシピ】

1.ゴーヤを真ん中で縦に切り、中の種と綿を綺麗に取り除く。
2.2-3mmの薄切りにして、塩小さじ1/2と砂糖小さじ2をまぶします。軽く混ぜ合わせ、5-10分置いておく。
3.さっと洗い流し、水気を切ってから、片栗粉をまぶす 。
4.熱湯でさっと5分ほどゆで、ざるに取っておく。
※ゴーヤの水分を切る時、繊維が崩れるほどしっかり絞ると、苦味が減ります。
5.豆腐はしっかり水切りをして、適当な大きさに切っておきます。
6.豚肉は、3~4cm幅に切り、塩こしょうをふっておきます。
7.調味料★を混ぜておきます。
8.オリーブオイルをひいて豆腐を炒め、焦げ目が軽くついたら、取り出しておく。
9.フライパンに油を入れて、豚肉を炒めます。軽く火が通ったら、皿に取り出しておきます。
10.同じフライパンにゴマ油を少し追加し、しっかり温まったら豆腐を入れます。 じっくり豆腐に焼き色がつくまで中火で熱し、両面焼けたらゴーヤ、取り出しておいた豚肉を加え、混ぜておいた調味料★、塩コショウを加えます。
11.調味料が全体にまざったら、解き卵を回し入れて、鰹節をいれて全体にからめたら出来上がりです。

【ゴーヤチャンプルのコツ】

苦み抜き
・砂糖と塩を併用することで、ゴーヤの苦みを取ると同時に、料理への味付けのなじみもよくすることができます。
・片栗粉をまぶして、茹でることで、ゴーヤにコーティングが出来て、苦みがあまり感じられないみたいです。
★ゴーヤチャンプルーは豆腐をしっかり炒めて作るので、崩れにくい木綿豆腐がおすすめです。